chromecastを設定するにあたり、必要となるものをリストアップ

Pocket

今日はGoogle Homeで映画・ドラマ・YouTubeなどの動画を楽しむために必要となるchromecastを設定するにあたり、必要となるものをリストアップしますね。 スマートフォンまたはタブレット 無線LANルーターのSSIDおよび暗号化キー 電源口の数

スマートフォンまたはタブレット

スマートフォンまたはタブレットが必要になります。AndroidでもiOS(iPhone、iPad)でも大丈夫です。ただし、バージョンはAndroidの場合は4.2以降、iOS(iPhone、iPad)の場合は9.1以降になります。

「Google Homeアプリ」というものを途中で、これらのスマートフォンやタブレットにインストールすることになります。

無線LANルーターのSSIDおよび暗号化キー

無線等LANルーターの「SSID」および暗号化キーを、メモなどして、設定時に、わかるようにして置いてください。

『SSID? 暗号化キー?』って人は、こちらの記事で確認してください。

電源口の数

電源口の数も、しっかり確保してくださいね。テレビの電源、chromecastの電源でも最低でも2つは必要になりますからね。

ちなみに管理人の家の1階のリビングはこんな状態です。

なので管理人が1階のリビングにchromecastをつけるときには電源タップが必要です。

『わたしもそうだなぁ……』というあなたは、お店で購入してきてください。お店に購入しに行くのが面倒な人は、amazonへのリンクを貼っておくので利用してください→電設用コンセント・プラグ の 売れ筋ランキング というわけで、今日はchromecastを設定するにあたり、必要となるものをリストアップしました。ちゃんと準備しておくと、chromecastの設定が楽ですのでオススメですよ。 それでは!

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA