Google HomeとNature RemoとIFTTTで照明をON/OFFする【初心者編】

Pocket

Google HomeとスマートリモコンNature Remoとを使ってIFTTT(イフト)連携で照明をつけたり、消したりする方法を説明しますね。 IFTTT(イフト)初心者の管理人の場合、IFTTTという言葉だけで腰が引けそうになりました(^_^;)。しかし、簡単にできました。なのでみなさんも簡単にできますので、安心してください。

まぁ、なにはともあれIFTTT初心者の管理人がつくった「OK グーグル 照明をつけて」と「OK グーグル 照明を消して」の動画をどうぞ。

それでは、はじめます。

赤外線リモコンをNature Remoへ登録

まだ照明の赤外線リモコンをNature Remoへ登録していない人は、以下の記事を参考に登録してください(管理人の家にあるようなヒモでON/OFFする非スマートな天井照明ライトをスマート照明にする方法もご紹介しています)。

IFTTTのインストール & 初期設定

スマホもしくはタブレットでIFTTT(イフト)アプリのインストール & 初期設定をします。

「IFTTTが何か?」「Applet(アプレット)が何か?」も含めて、Nature Remoの公式ページに簡単に載っています。参照してIFTTTのインストール & 初期設定をお願いします→IFTTT設定 – Nature Remo

あっ、「IFTTTが何か?」「Appletが何か?」が、わからなくても、これからご紹介する手順どおりにやってもられば、Google HomeとNature RemoとIFTTTで照明をつけたり、消したりすることができますので、安心して進んでくださいね。

でも一つだけ話の進行上「Applet(アプレット) = 初心者でも作れるプログラム」とだけ覚えてください。

IFTTTのインストールと初期設定が終わったら、IFTTTアプリを立ち上げて、画面右下の[My Applets]をタップしてください。

では、はじめていきましょう。「照明をつける」「照明を消す」2つのApplet(初心者でも作れるプログラム)をつくっていきます。

「照明をつけて」と言ったら、照明をつけるAppletを作成する

まずは、Google Homeに「OK グーグル 照明をつけて」と言ったら、照明をつけるApplet(初心者でもつくれるプログラム)を作成しましょう。

画面右上にある + をタップします。

thisをタップします。

Search serveicesに「google assistant」と入力します。すると[Google Assistant]が表示されます。

[Google Assistant]をタップします。

[Say a simple phrease]をタップします。

[What do you want to say?]に、「照明をつけて」と入力します。

[What do you want to the Assistant to say in response?]に、「わかりました」と入力します。

[Language]に、「Japanese」を選択します。

画面右上のをタップします。

thatをタップします。

Serarch serveicesに「nature remo」と入力します。すると[Nature Remo]が表示されます。

[Nature Remo]をタップします。

[Control home appliances]をタップします。

「OK グーグル 照明をつけて」と言ったときにつける照明「オン」を選択します。

画面右上のをタップします。

[Finish]をタップします。

をタップします。

画面左上にMy Appletと表示された画面にもどります。

これでGoogle Homeに「OK グーグル 照明をつけて」と言ったら、照明をつけるApplet(=初心者でもつくれるプログラム)ができました。では、実際にGoogle Homeに「OK グーグル 照明をつけて」と言っていみます。

ちゃんと照明がつきます(^_^)v

では、残り1つ「照明を消す」Applet(=初心者でもつくれるプログラム)を作りましょう。

「照明を消して」と言ったら、照明を消すAppletを作成する

Google Homeに「OK グーグル 照明を消して」と言ったら、照明を消すApplet(=初心者でもつくれるプログラム)を作成しましょう。

画面右上にある + をタップします。

thisをタップします。

Search serveicesに「google assistant」と入力します。すると[Google Assistant]が表示されます。

[Google Assistant]をタップします。

[Say a simple phrease]をタップします。

[What do you want to say?]に、「照明を消して」と入力します。

[What do you want to the Assistant to say in response?]に、「わかりました」と入力します。

[Language]に、「Japanese」を選択します。

画面右上のをタップします。

thatをタップします。

Serarch serveicesに「nature remo」と入力します。すると[Nature Remo]が表示されます。

[Nature Remo]をタップします。

[Control home appliances]をタップします。

「OK グーグル 照明を消して」と言ったときに消す照明「オフ」を選択します。

画面右上のをタップします。

[Finish]をタップします。

をタップします。

画面左上にMy Appletと表示された画面にもどります。

これでGoogle Homeに「OK グーグル 照明を消して」と言ったら、照明を消すApplet(=初心者でもつくれるプログラム)ができました。では、実際にGoogle Homeに「OK グーグル 照明を消して」と言っていみます。

ちゃんと照明が消えます(^_^)v

Nature Remoとは?

あっ!ここまできてなんですが……『Nature Remo?』という人もいるかと思うので……Amazonの説明をどうぞ→ Nature Remo

まとめ

ということで、今日はGoogle HomeとスマートリモコンNature Remoとを使ってIFTTT(イフト)連携で照明をつけたり、消したりする方法を説明しましたが、いかがでしたか? IFTTT(イフト)初心者の初心者の管理人の場合、IFTTTという言葉だけで腰が引けそうになりました(^_^;)。しかし、簡単にできました。なのでみなさんも簡単にできますので、安心してください。 それでは!

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA