ヒモでON/OFFする非スマートな天井照明ライトをGoogle Homeで操作できる器具を購入

Pocket

ヒモで引っ張ってON/OFFする非スマートな天井照明ライトを、Google HomeとスマートリモコンNature Remo(ネイチャー リモ)を使って、スマートライトにすることができる器具があることをご存じですか?

それがこちらの「天井照明器具専用 リモコンスイッチ」です。

具体的にいうと、管理人の家で現在使っているような、ヒモで引っ張って照明のON/OFFをするおもいっきりアナログな天井照明ライト。これに、「天井照明器具専用 リモコンスイッチ」をとりつけます。

するとGoogle Homeの音声コマンドで「電気をつけて」命令すると、電気をつけることが可能なスマートライトに変身させてしまうという優れモノです。 しかも1,383円すっごいやすい!!! Amazonで購入しました→ 天井照明器具専用 リモコンスイッチ [品番]07-8250 OCR-04W

管理人のような家で使われている「ヒモで引っ張って照明のON/OFFをする(非スマートな)天井照明ライト」をスマートライトにしてしまう優れモノですΣ(・ω・ノ)ノ!

ということで、さっそくとりつけてみました。

まずは、管理人の(非スマートな?)部屋の天井照明をはずして、器具を差し込みます。

そしてそこに管理人の使っている「ヒモで引っ張って照明のON/OFFをする天井照明ライト」をとりつけます。

ここまでくると、赤外線リモコンで天井照明のON/OFFができます。

あとは、この赤外線リモコンをNature Remo(ネイチャー リモ)に登録すれば、Google Homeの音声コマンドで操作可能になります。ヒモで引っ張って照明のON/OFFをするという、おもいっきりアナログな天井照明ライトがスマートライトに早変わりです!ちなみにNature Remoとはこんな商品です。Amazonの説明をどうぞ→ Nature Remo とりあえず、今日はここまでにして、ここから先のGoogle HomeとNature Remo(ネイチャー リモ)を使って、音声コマンドで操作する設定および方法は、また別記事にてご紹介しますね →Google HomeとNature Remoを使って天井照明を操作してみました ® Nature Remoは Nature Inc. の登録商標です。

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA