Google Homeの共有ショッピングリストで何ができるのか?【概要編】

Pocket

Goolge Homeのショッピングリストは、他の人と共有できます。でも共有ショッピングリストにするといったい何ができるようになるのでしょうか? 結論を言うと、大きく以下の3種類のことができるようになります。

共有者全員で、音声操作が可能な共有ショッピングリスト © 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。 Aさんが音声操作するショッピングリストを、Bさんがスマホなどのアプリから手動操作する共有ショッピングリスト © 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。 共有者全員で、手動操作する共有ショッピングリスト © 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

ということで、今日はGoogle Homeの「共有ショッピングリスト」と「2種類の共有ショッピングリスト」とについての概要を説明しますね。

なお『ショッピングリストって、いまいち何のことか、わからないなぁ』という人は、こちらの記事を参考にしてください。

では、はじめます。

共有ショッピングリストとは

共有ショッピングリストとは、その名の通り、他の人と一緒に使うことができるショッピングリストです。共有設定した人は、「Google Homeから音声操作」「スマホなどのアプリから手動操作」で、ショッピングリストを使ったりすることができます。

なお「Google Homeから音声操作」するには、ショッピングリストを「メイン」に設定する必要があります。そして、現在のGoogle Homeで音声操作が可能なのは、ショッピングリストへの商品追加と中身確認だけです。今後のバージョンアップに期待といったところです。

また(共有・非共有も含めて)ショッピングリストは複数作成することができます。

しかし「メイン」の設定ができるのは、1つだけです。この制限があるため、冒頭で説明した3種類の共有ショッピングリストができることになります。

『えっ!ショッピングリストのメインって?』という人は、以下の記事をご覧下さい。

では、3種類の共有ショッピングリストではどんなことができるのかを見ていきましょう。

まずは、1種類目から……

共有者全員で、音声操作が可能な共有ショッピングリスト

まず1種類目の「共有者全員で、音声操作が可能な共有ショッピングリスト」でできることに説明しますね。

わかりやすい例をあげると、家族パーティーを予定している時に、「家族全員(お父さん・お母さん・娘さん)で、買い物が必要なものを出しあう共有ショッピングリスト」、つまり「家族パーティーに必要なものリスト」を作ることができます。 © 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

家族の誰かが、Google Homeに音声操作で「ショッピングリストに、商品を追加して!」と命令するだけで、商品を追加してくれます。とっても便利ですね。

この場合、共有者全員が共有ショッピングリストを「メイン」に設定する必要があります。

では次に、2種類目に行きます……

Aさんが音声操作するショッピングリストを、Bさんがスマホなどのアプリから手動操作する共有ショッピングリスト

次に2種類目の「Aさんが音声操作するショッピングリストを、Bさんがスマホなどのアプリから手動操作する共有ショッピングリスト」でできることについて説明しますね。

わかりやすい例をあげると、お母さんはGoogle Homeを使える環境の家にいて、お父さんはGoogle Homeを使えない環境の会社にいるという場面を想像してください。その時「お母さんは音声操作ができて、お父さんは手動操作ができる共有ショッピングリスト」、つまり「お母さんが、お父さんに買ってきてほしいもの共有ショッピングリスト」を作ることができます。 © 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

お母さんは、家にいて『料理につかう食材が欲しいけど、デパートのちょっと高級な食材を、お父さんの会社帰りに買ってきてほしいなぁ』という時があります。そんな時、お母さんは、Google Homeに音声操作で「商品を追加して!」と命令するだけです。

お父さんは、会社などの外出先でお父さんが、共有ショッピングリストをみて、会社帰りに食材を購入してくるなんて時に便利です。

この場合、お母さんだけが共有ショッピングリストを「メイン」に設定する必要があります。

では最後に、3種類目に行きます……

共有者全員で、手動操作する共有ショッピングリスト

最後に、3種類目の「共有者全員で、手動操作する共有ショッピングリスト」でできることについて説明しますね。

といっても、これはどちらかというと『本当は音声操作ができる共有ショッピングリストにしたいんだけど、すでに他のショッピングリストをメインに設定しているのでできない』という場合が多いと思います。

ただ、共有ショッピングリストを「メイン」に設定変更することはすぐにできます。

また、説明する上で、共有者全員としていますが、他のショッピングリストを「メイン」に設定していない人は、共有ショッピングリストを「メイン」に設定して、音声操作が可能です。

まとめ

今日は、共有ショッピングリストにするといったい何ができるようになるか? について説明しましたがいかがでしたか? 繰り返しますと、大きく以下の3種類のことができるようになります。 共有者全員で、音声操作が可能な共有ショッピングリスト © 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。 Aさんが音声操作するショッピングリストを、Bさんがスマホなどのアプリから手動操作する共有ショッピングリスト © 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。 共有者全員で、手動操作する共有ショッピングリスト © 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。 もちろん、他にもいろんなパターンが可能です。それぞれの使い方については、あらためて説明しますね。 それでは!

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA