Google Homeに家族の声を登録するとき、家族の代表者のスマホ・タブレットを利用する時の注意点

Pocket

『Google Homeを購入したんだから、家族の声を登録して楽しみたいよなぁ』と、みなさん思いますよね。でも、家族各自がスマホ・タブレットを所有していない状態で、家族の代表者のスマホ・タブレットを利用して登録する場合、注意点が1つあります(※ここで説明する「家族の声を登録」は、「マルチユーザー設定」「Google HomeとGoogleアカウントをリンク」と同じ意味です。)。それは…… 家族の代表者のスマホ・タブレットを利用して、Google Homeに家族のGoogleアカウントを登録すると、家族の代表者のスマホ・タブレットから、家族各自のメール、スケジュールなどの情報がすべて見えて、家族のプライバシーがなくなってしまうことです。

結果として、管理人は、スマホ・タブレットを持たない両親に、結果的に2人共同で使用するタブレットをプレゼントしました。そして、Google Homeに父親と母親のGoogleアカウントを登録しました。

今日は、なぜそうしたのかの過程をお伝えしますね。同じように迷っている人がいたら参考にしてくださいね。

管理人の状況

管理人は、Google Homeに(スマホを持っていない)父親の声を登録するために、はじめ管理人のスマホから、GoogleHomeに父親の声(=Googleアカウント)を登録しました。

『あー、設定が終わった』と思い、ふと管理人のGoogleカレンダーをみると……父親のGoogleアカウントが見えて「同期を有効にする」と表示されています。これは父親のGoogleカレンダーをみようとすれば、いつでも見れるということを意味しています。 © 2015 Google Inc, used with permission. Google および Google ロゴは Google Inc. の登録商標であり、同社の許可を得て使用しています。

幸いにして、もうすぐ80歳の高齢である父親は、Googleカレンダーもメールも使用しません。なので、結果的には、管理人のスマホから父親の声(=Googleアカウント)を登録したことに問題はありませんでした。

しかし「家族のプライバシーをどうするか」については、各家庭で異なってくると思います。なのでこの点をみなさんにお伝えしておきたくて、この記事を書きました。

ちなみに、子供はまだ小さいし、家族のプライバシーの件は、今のところ気にしなくて大丈夫! という人は、家族の代表者のスマホ・タブレットを利用して、Google Homeに家族各自の声(=Googleアカウント)を登録して大丈夫です。

管理人がとった対応方法

結果として管理人がとった対応方法は、安い1万円程度の大きさ10インチのタブレットを新規購入して、家族の声(=Googleアカウント)をGoogle Homeに登録するようにしました。父親と母親との2人共同で使用する予定です。

タブレットを新規購入した理由は、『父親と母親に音楽を聴かせてあげたいなぁ』と思ったからです。父親は「クラシック音楽を聴きたい」と言っていたし、母親は『美空ひばりが好きだから、聴きたいかなぁ』と思ったので。

Google Homeを利用してみるとわかりますが、Google Play MusicでもSpotifyでも、音楽を聴くときにスマホやタブレットなどの端末がないと、音楽再生開始がうまく行かないときがあります。

そんな時に1台スマホやタブレットなどの端末があるととっても便利です。

なおGoogle Play Musicには、ファミリープランで加入する予定です。ファミリープランでないと、以下の記事のような問題が発生するからです。

あとNetflixも、この新規購入したタブレットを使って、見てもらう予定です。

ちなみに管理人が購入した、安い1万円程度の大きさ10インチのタブレットはこちらです。安い分設定が少し大変でした(^^ゞ→YUNTAB(JP) 10.1 インチ タブレットPCのカスタマーレビュー

あとAmazonでのAndroidタブレットの販売価格を見てみたい方はこちらをどうぞ→ Androidタブレットおすすめ順 販売価格

まとめ

今日は、Google Homeに家族の声を登録するとき、各自のスマホ・タブレットがない時の注意点をお伝えしましたが、いかがでしたか? 『Google Homeを購入したんだから、家族の声を登録して楽しみたいよなぁ』と、みなさん思いますよね。 でも、家族各自のスマホ・タブレットがない場合、家族の代表者のスマホ・タブレットを利用して、Google Homeに家族のGoogleアカウントを登録することになります。その場合、家族の代表者のスマホ・タブレットから、家族各自のメール、スケジュールなどの情報がすべて見えて、家族のプライバシーがなくなってしまうことになります。 このことを知っていれば、各家庭で、『うちの家では、プライバシーのことは考えなくていいので、家族の代表者のスマホ・タブレットから登録しよう』とか『うちの家では、複数人で共通して使用できる1台だけタブレットを購入して、プライバシーのことは考えないでいいひとだけ、そこから登録しよう』など、方針を立てられると思います。 管理人の場合は、プライバシーのことは考えないでいい父親と母親との2人共同で使用するタブレットを1台新規購入して対応することにしました。 みなさんの参考になれば、うれしいです。 それでは!

Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


CAPTCHA